カードローンの比較は金利で!?

カードローンの業者を選ぶ際に重要視する項目には、いくつかあります。
一番多いのが、金利で選択される方です。
どうしても低金利のカードローンに目がいってしまうのは仕方のないことです。
金利で比較する場合には、その最上限金利に注目することです。
一般的なカードローンは、年利○○%〜△△%、というように一定の幅で商品案内を行っています。
しかし、最下限金利○○%で契約できることはほとんどありません。
多くの場合は、最上限金利△△%に近い金利設定となるのです。
そこで、金利を見る場合には、最上限金利がポイントになってくるのです。
確かに低金利の条件は魅力的です。
しかし、「低金利」だけにとらわれることは危険なこともあります。
金利の重要なファクターの一つですが、利用する目的、その他の項目に応じて最適な先を選ぶことが必要になってきます。
その中でも返済方法については、はずすことはできません。
カードローンで一番大切なことは、きちんと返済していくことです。
その為に、自分にあった返済方法と返済システムが必要になってきます。
毎月の返済金額はどのように決定されるのか。
毎月どのようにして返済を行っていくのか。
これらの項目が、自分のライフスタイルにきちんと対応していることを確認するようにしましょう。
その他にも、重要な項目というものは必ず存在しています。
まずは、自分が検討しているカードローンの商品についてしっかり理解するようにしましょう。
各条件が、自分に最適なものであることを確認した上で申込むようにしてください。

カードローンに限度額ってあるの?

カードローンで借りることのできるお金の限度額というものはいくらぐらいでしょうか。
まず、フリーローンおすすめ会社ごとにそれぞれ融資限度額というものは決まっています。一般的な大手キャッシング会社ですと、おおよそ500万円ほどが相場になっております。
それでは、どのような方でも望めば必ず500万円まで融資をしてもらうことができるのでしょうか。
これは、実は法律上してもらうことができません。
カードローンに関する法律に「総量規制」というものがあります。この法律で個人がキャッシング会社から融資を受けることのできる金額の上限が決められており、その金額は「個人の年収の3分の1を超えてはいけない」とされています。
つまり最大の500万円を借りるためには、年収が1、500万円以上でないと法律違反となってしまうので、借りることができないのです。
何故このような法律があるのかといいますと、ほかでもない利用者の方々の安全を守るためです。この法律もまた、平成22年に施行されたものになりますが、施行前まではどうしても自身の収入に見合わないだけの金額を借り入れし、返済をすることができなくなってしまい、最終的には自己破産といった身の破滅を招くケースが後を絶ちませんでした。
そのようなことがなくなるように施行された法律ですが、たとえこのような法律がなかったにせよ、自身の状況を省みない借り入れは、最終的に自身の生活に大きな悪影響を及ぼします。ご利用は計画的におこないましょう。

限度額200万円まで収入証明提出不要の楽天銀行でお金を借りる

楽天銀行でお金を借りることができます、もちろんおまとめのためにです。
おまとめにも利用ができると公式ホームページでも宣伝されている楽天銀行ですが、最大の特徴は収入証明提出のラインが高いことです。
金利は低金利にはなっていますが銀行としてはごく一般的です。
200万円までの限度額であれば収入証明書るに提出が不要となっています。
収入証明書類の提出があってもなくてもさほどに実際には関係するものではありませんが、提出書類が少ないため手続きが簡単に進むのはメリットになるでしょう。
また楽天スーパーポイントの進呈もありますので、普段から楽天を使った買い物をしている方にとってうれしいプラスになります。
最大限度額が500万円となっていますので現在あるキャッシング残高をひとまとめにするには充分な金額であると考えることができます。
融資限度額によって決まる金利は明確です。
金利は4.9%〜14.5%になっており最大限高かったとしても14.5%です。
現在の借り入れ先がすべて消費者金融であればこの低金利は返済がしやすくなってくるでしょう。
銀行でありながらやはりインターネット専業銀行であるため会員サイトは充実しています。
残高照会や取引明細の確認程度が一般的な銀行のサービスとなっていますが、それに加えて各種届出内容の変更や限度額増額の申し込み、ネットキャッシングなど消費者金融と変わらないサービスの充実を楽天銀行は見せています。